ふく と ごま

ある日我が家にドラえもんのような猫がやってきた。さらにヨーダのような猫が来て、そっくりな赤ちゃんを授かった。3匹は毎日のように私たちを癒してくれるのです。

★桜子日記はこちら↓★
桜子日記



★etsy FGM store→
★FGM store(日本版)→
★FACEBOOK ふくごまめめ→
★team F.G.M動画へ→


コメントは全部楽しく読ませていただいております~!が、現在ご質問などにお応えする以外は返事をお返ししていないのです。ごめんなさい。たまーにまとめて返したりするかもしれませんが。 それでもよろしければお気軽にご感想などいただければ嬉しいです。
励みになります♪
プロフィール

飼い主の hana

Author:飼い主の hana
Photograph:同居人@桜子


【兄:スコのふく ♂ 】
モーレツに天然で、女の子が大好き。
掃除機、コーヒーミルの音、どんな物にも動じない大物。猫ではなく、ふく科の動物という説も。

●ふっくんダイジェストへ→
●ふくごま動画配信中→


【妹:エキゾのごま♀ 】
ツンデレな頭脳派さん。少し人見知りがあるけれど、性格はピカイチで、とてもやさしい子です。
この度ママになり、めめという名のソックリな女の子をさずかりました。


【子:ごまの子 めめ♀ 】
ごまと素敵なエキゾのパパとの間に生まれ、すくすく成長中。天真爛漫、甘えん坊。とっても女の子らしくきれい好き。鳴き方がごまアザラシのごまちゃんそっくりです。

最近の記事
カレンダー
07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Twitter
 
ご質問&お問い合わせ

名前:
メール:
本文:

INFORMATION

ふくごまめめ
『ふくごまめめ』竹書房
[2008年11月28日発売]

●楽天で購入→ ●アマゾンで購入→
●7&Yで購入→

発売中
『We Love Meme』 廣済堂出版
[2008年3月11日発売]

●楽天で購入→ ●アマゾンで購入→
●7&Yで購入→


予約出来ます!
『めめぼん』 竹書房
[2007年11月30日発売]

●楽天で購入→ ●アマゾンで購入→
●7&Yで購入→


Google TRANSLATE
LINK
ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後悔と決意

Thu.25.05.2006
35 comments
ふっくんがタワーに登らないのも、
めんどくさがって遊ばないのも、
最近ウンをしたがらなくなったことも。。。

すべてにちゃんと理由があった。
この一週間、あまりにも寝ころんでいることが多かったし、
ウンの回数が減っていたのでおかしいとは思っていた。
大好きなキャットタワーの爪研ぎを座りながらしていることや、
遊ぶのに前足しか使わないことをみても
すぐ察知すべき事だった。。

昨日あたりから歩き方、座り方が見た目少し不自然なので、
まあ、間違いって解るだけでもいいから病院へ行こう!
と思い立ち、近所の病院へ。

だらり
いつも横になっているふっくん

思わぬ結果。というか・・・やっぱり。
心のどこかで、恐れていた事が現実になったと思った。
先生は具体的に名前はおっしゃらなかったけど、
スコティッシュの典型的な疾病である、骨が硬くなる病気。
すでに、シッポの一部が固まり、左足の筋が
ピーンと張っている状態だということ。
たぶん、医学用語だと遺伝性骨形成異常症の初期段階。
この状態だとシッポを持ち上げるのも大変な力がいるのだとか。
ウンは堅くなり、痔になってしまっていた。
これも足の付け根の問題から、排出が困難になるためだそうだ。

なんで、もっと早く気づいてあげれなかったのか。
のんきに、一番足に悪い、サンドレスの修行なんてして、
しかも、動かないことをブログのネタにしてみたり、
自分は最低だと思った。
罰が当たった。。。そう思った。
本来の猫のトイレスタイルを覆すなんて
とんでもないことだった。

よこになってます

もう嘆いても遅い。すべては始まってしまった。
先生はこれから状態はどんどん変わるとおっしゃった。
今は神経を圧迫して痛みのある状態だからつらいだろうと
痛み止めを打ってもらった。
特にこれといった具体的な治療法はないとも言われた。
このまま、ひどくなる子もいるし、ならない子もいる。
カルシウムのお薬で状態がストップする子もいたとか。
とりあえずはお薬がしばらくの頼みの綱になる。
いや、とにかく良いと思ったことはいろいろやってみないと。

この病気は発育期がつらく、その後は安定するということ。
少し、気が楽なのは、ふくが元気モリモリなこと。
後ろ足の異常だけで体自体は健康体。
それだけは不幸中の幸い。

先生にキャットタワーの撤去、
高いところは注意することをすすめられた。
そのかわり、ムリのない程度なら外のお散歩はいいそうだ。
縦運動がない分、横運動を多めにしてくださいとのこと。
お外が大好きなふっくんを出来るだけ散歩に連れて行ってあげなきゃ。
それから、シッポの骨折にも要注意。
気をつけて生活してくださいとも言われた。

とにかく、痛みだけは無くなって欲しい。これからも痛みだけは。
十分注意して生活しなきゃ。これ以上悪くならないことを祈って。

最後に。これだけは言わないといけないと思って。
これからスコを迎えようと考えている方へ、あえてメッセージです。

スコティッシュフォールドという種類は世間一般に「かわいい!」
と今人気の種類で、マスコミを賑わすことも多いです。
しかし、やっぱり体のリスクもとても大きい種類の猫ちゃんです。
この病気は先天的なので具体的に治す手だてがありません。
痛い痛いと泣き叫ぶ子もいるし、寝たきりになる子もいる。
そういう影の部分もしっかり知識として認識して、
子猫を迎える前に深く考える必要があると思うのです。
今日も病院の先生が
「スコの子が来るとほとんどこの病気だねえ。」
とつぶやいていました。つまり、とても多い病気なのです。

長文になりましたが、ここまで読んでくださって
ありがとうございました!
サンドレスは終わりますが、これからも楽しく笑えるふっくんを
紹介していくので、暖かく見守ってやってくださいね!


ランキングに挑戦中です。こんなふっくんにポチっとお願いします~!
↓ ↓ ↓

関連記事

« 新しい遊び場 | home | 魚眼的PHOTO集 »

comment
。。。。。
hana様 ふっくん!
。。。辛いですね。。。
そんなに自分を責めないでください。。
知っていたらhanaさんがそんな事をするはずもなかったし、少し進行してもちゃんと気づいてあげられた。。。
これからのhanaさんとふっくんの毎日に思いを馳せて下さい。
誰だって、こんなに可愛い家族を大事にしたいと思います。誰にも起こりえる事ですよ。。。私達だってふっくんの幸せを切に願っていますし、hanaさんの辛さを理解します。今までのように愛情いっぱいの生活を大切にしてくださいね。hanaさん
not subject
ふっくんが治りますように。

実家の猫が具合が悪くなってしまったときに、「なんでもっと早く気がついてあげなかったのッ」と母を責めてしまったことがあります。

だけど、毎日餌をあげ、散歩に連れて行き、一緒に寝て、トイレに行かせて、喉をなでてあげて、毛をとかしてあげて、いつも一緒だった母じゃなきゃ、気がつかなかったかもしれない。

何より母が一番辛そうだった。

どうして私はその気持ちを理解してあげられなかったのだろう……。

だからhana様、
どうかご自分を責めずに、諦めずに、
これからもお二人を(同居の桜子様も)応援しています。

ふっくんがどうか治りますように。
not subject
hanaさん、こんばんは♪
今日の出来事を拝見して、胸がしめつけられる思いでした・・。
ふっくん、痛かったんだね。
hanaさんも とてもお辛いでしょうし、あの時こうしていれば・・などという思いもおありかもしれませんが、これからも 今以上にふっくんが かわいく楽しく過ごせることを祈るばかりです。
今はまだ成長期なので、つらいのでしょうね。
でも、骨のことはつらいけど、体が健康!ってことで、本当によかったです♪
ふっくんは 幸い 外のお散歩が大好きだし、これからも いろいろ散策を楽しんでね!
かわいい、キュートなふっくん、大好きです!
頑張ってね!!

not subject
hanaさん

そうだったんですね…
ショックも大きいと思いますが、あやふやだった部分にちゃんと理由がわかったことで、
よりふっくんとの生活もうまくいくこともあるのではないでしょうか。
心配は心配ですが、最後の「楽しく笑えるふっくんを紹介していく」でホッとしました!
毎日楽しみにしています。

我が家の兆治は鈍臭いながらも高い所は大好きですし、
ものすごいスピードで駆け回ってます。
今後、何かのシグナルを見逃さぬよう暮らしてゆこうと思い直させられました。
ありがとうございます。
モニタの前で、祈ってます
はじめまして。
ひと月くらい前から、たのしく拝見させていただいていて、
陰ながら応援しておりました。
(勝手ながら、私のブロクからリンクを貼ってます)

ふっくんファンのひとりとして、
モニタの前から、
「ふっくんが、毎日楽しく過ごせて、
 かわいい姿を見せてくれますように」
と、祈ってます。
not subject
はじめまして。
ふっくんがかわいくて、
たびたびお邪魔していました。

hanaさん、どうかふっくんのためにも、
前向きにがんばってください。
症状が悪くならないことを祈っています。

我が家にもスコが2匹います。
1匹は子猫の頃から病気を持っていて、
それを知ったときには家族で泣き崩れてしまいました。
でも2才になりましたが、元気いっぱいに過ごしています。
お互い病気なんかに負けずに、
我が子が幸せに暮らせるよう見守っていきましょうね!
not subject
hanaさん 自分を責めないでくださいね。
ふっくんはhanaさんに出会うために生まれてきたんですから。
hanaさんの変わらぬ深い愛情がふっ君を幸せにしてるんです。
キュートなふっ君これからも楽しみにしています。
ふっくん・・・
ふっくん、hanaさん、辛かったでしょう。
あまり自分を責めないで下さい。

私はころころを迎えた後に、スコちゃん達の悲しい歴史を知りました。
全く無知だったのです。
ころころ、生まれつき尾が短く太いのです。
骨の異常が出やすい子は尾が短く太いと言われています。
そして気になって何件か病院に行きました。
生後5ヶ月頃、後ろ足に、変形が出始めている事が分かりました。
でも、まだ変形しているだけで、痛みは出ていない様子です。
獣医さんに、可愛いチャームポイントだと思って付き合っていくのがいいですよ、と言われました。
成長が止まるまで、注意して見守っていこうと思っています。
ふっくんは強い子。
ふっくんが元気いっぱいなんだから、元気出して!
うちのなんかこれからエイズを発症したら、それは苦しいめにあうんですよ。
わたしはそうなったら、こう思うことにしています。
ネコは本能で弱点を見せまいとするために、とても我慢強い性質をもつそうです。
これは動物学的にも有名なことです。
多少痛んでも、ふっくんはヒトが思うより、ずっとずっと強いんです。
小指をタンスの角にぶつけて、ピョンピョン跳ね回って痛がるウチのダンナなんかより、ずっとずっと強いんです。
だから、大丈夫。
hanaさんが気づかなかったのも、ふっくんが強い証拠。無理もないことなんです。
すぐに連れて行ってあげて、りっぱなお母さんですよ。
大丈夫。初期で病院で診てもらえたんだから。
これからも元気なふっくんを見せてください!
not subject
hanaさん。はじめまして。
とても辛いでしょうね。でも、あまりご自分を責めないでくださいね。今日、ふっくんの病気に気付いてあげられたのはhanaさんだからですよ。hanaさんの写真からはふっくんへの愛情がとても強く感じられます。そんなhanaさんの事をふっくんは大好きにちがいないです。
これからも、ふっくんに、たくさんたくさん愛情をそそいであげてくださいね。
not subject
そう、スコはかわいくて一番人気があるらしいけど、
私も飼う人には覚悟というか、注意してもらいたい!
骨の異常や心臓病が多い種類で、「なんでこの種類飼っちゃったかな~」という先生もいる、と聞きました。

うちのもまだ1歳だけど心臓病です。
私もそれを知ったときは、今までの自分のした悪いことが全部巡ってきたんだ・・・罰があたった・・・とたまらない気持ちになりました。
でも、動物は病気とかいう事は考えないらしく、生きるという本能でがんばるのです。

正直、今日久しぶりに覗きに来たんですけど、
気持ちが痛いほどわかって涙が出てしまいました。

うまく言えないけど、歩き方が不自然だって早く気づいてあげたことは
良かったんだと前向きに考えて、
ふっくんと一緒にがんばって立ち向かっていこう!
これだけ愛されてるんだもん、ふっくんは幸せものなんですよv-434
私も絶対負けない!ってモモのために誓ったんです。
今は食事とかできることから始めてますv-217
not subject
hanaさん、今ご自分を責めているのでは・・と心配です。でも決してご自分を責めないでくださいね。

スコは先天的な病気が多い子ですが、うちも9ヶ月が過ぎた頃から症状が出始め、検査で腸が先天的に細い病気があることが分かりました。

やはり、悩みました・・
で。。hanaさん同様、決意しました。

ふっくん、これ以上悪くならないと信じます。hanaさんも繰り返してしまいますが決して御自分を責めないでくださいね。hanaさんとふっくんでこれから先、又違う意味での愛情いっぱいの楽しい日々を築いていってくださいね。
祈り。
ふくちゃん、重病だったのですね。
うーむ・・・・(少し涙)。

それにしても・・・

このネットのブログを通じて、
実に多くの人々が今、ふくちゃんの身の上を案じ、
同じように「祈っている」だろうことを、僕は感じています。
こんな、電器が作った世界なのに、それでも「何か」を感じずにはいられない。
そのことが、神なんて信じない僕にとっても、
「見えない力」となって届くことを、
神ではない何かに祈らざるを得ない。

がんばれ!
これ以上その病が進行しないように!

と祈ることが僕らにできる一番のことですね。

もともと、キツネ狩りをする動物虐待国家の人々であるイギリス人が無理矢理「掛け合わせて」作ったのが、スコティッシュ・フォールド。
人間のエゴが作ったからこそ、こういう事態が起きるのでしょうか。

けれど、「幸福」というのは、「時間ではない」と僕は考えます。
それは、深さであったり、広さである、と信じたい。
たとえ1年しか生きられない「誰か、何者か」が居たとしても、
じゃあその「何者か」は、70年生きた人より「不幸なのか?」。
そんなことはないはず。
僕らはみんな、「偶然の世界」に生きていると僕は思うのです。
だって、「この世は必然だ」としたら、
地雷で足をなくした子供のその運命が、生まれたときから決まっていた「必然」でしょうか? そんな悲しいことがあるわけがない!

ふくちゃんが、hanaさんの家に授けられたこと、住んでいること、
それは、やっぱり偶然であり、だからこそ、この病だって、偶然。
その偶然に翻弄されながら僕ら命ある者は生きていくわけで、
だとするなら、その偶然の翻弄の中も、一生懸命、今できることを、
今やるべきことを、今信じることを、やっていくことが一番大切なのではないか・・・
そんなふうに僕は考えます。
ポジティブに、とか、そういうことではなく、僕はそう信じている。

ふくちゃんは、たくさんの愛を受けて今、生きていると思います。
一緒に暮らすお2人の愛はもちろん、
今、このネット上で見ている僕らの愛も。
愛は、限りないものだと思うし、僕も自分の猫がいるから彼女に愛を捧げているけれど、同じ分の愛をふくちゃんに捧げることができる。そう思う。
すべては偶然のなせることであり、偶然とは奇蹟が繋がって起きる出来事。
だとするなら、奇蹟は時に起こるわけであり、僕らはここでみんな、心から祈ることができる奇蹟を信じながら、ふくちゃんが少しでも長生きすること、痛みをなるべく感じないで生きること、たとえ痛みを感じてもふくちゃん自身が「ああ、僕はこの人たちに愛されている、大切にされているんだな」と感じながら生きていけることを、心から願います。

がんばって!
ふくちゃんが今、一番がんばっているのだから。

not subject
hanaさん元気出して下さい!そしてご自分をそんなに責めないで下さい。
hanaさんのその気持ちは充分にふっくんに伝わってると思います。
辛いでしょうけどスコちゃんにはこの病気本当に多いですよね。
でも病気を持っていてもすごく元気にしているスコちゃんもいるし、
ふっくんもこれ以上悪くはならない事を願いましょう!
hanaさんのそれだけの愛情があればふっくん絶対に大丈夫ですよ!!

これからもかわいくて笑わせてくれるふっくん楽しみにしてます!
not subject
hanaさん、早く気付いてあげられて良かったと思います。。。
ふっくん、痛みを我慢していたのでしょうね。 とても強い子ですね。
スコちゃんに典型的な疾病があるとは知らなかったですv-390
お薬が効いて症状が止まってくれるといいのですが・・・。
でもこれからは、ふっくんの好きなお散歩も頻繁に行けるようになるのかな?

ふっくんはhanaさんとサクさんの子になれて、とても幸せですよv-344
もしも・・・ 違う誰かの子になっていたら、病気にも気付かずにいたかもしれません。
毎日、愛情いっぱいでふっくんと生活してきたからこそ、
早く気付いてあげられたんだと思います。
ご自分を最低だとか、罰が当たったとか、そんな風に思わないで下さいねっ。
「これからも楽しく笑えるふっくん」 楽しみにしていますv-415
not subject
う~ん。ふっくんもそうだったのかぁ・・・
ふっくんはシッポ長いから骨瘤のない子なのかなぁ~って思ってました。
うちのどらも小さい頃はシッポも長かったんだけど今は半分くらい固まってしまいました。。。
私もどらを飼い始めてからスコの遺伝性疾患について詳しく知りました。そうだよね、スコは劣性遺伝、簡単に言えば奇形の子なんだよね。それからというものどらのしぐさ一つ一つに気を配り、少しでも様子がおかしいとどこか痛いんじゃないかと病院に連れて行ったり、と毎日不安と背中合わせでした。
でもね、やっぱり私も決めたの!だってどらは大切な家族なんだもの。一緒の頑張っていくって。
だからhanaさんもがんばって。ふっくんは強い子だもん、大丈夫だよ(^^)
どらももうすぐ3歳。今ではどらなりにマイペースで遊んだり、最近は自分からジャンプもするようになりました。
ふっくんもふっくんなりの生活を大切にしていこうよ、お散歩写真待ってます♪
not subject
hanaさん!!そんな自分を責めないで!!私まで辛くなるよー!!一緒に笑ってたんだもん!!
ブログをやり始めていろんな所でスコちゃんの同じような病気になってる子を知って最近すごくショックなんです!!
こんなに多いなんて!!
それに他人事とは思えないですし!!
私もスコを飼ってからスコの歴史を知ったんですよ!!
今スコが爆発的なブームだから変なブリードをして折れ耳スコを産まそうとしてるブリーダーだっていますよ!!
だからこそブリーダーもスコに関してはかなりの経験と知識が必要だと思います!!
これ以上可哀想な子や飼い主さんを見たくないです!!
私は怒りに感じます!!
発育と同時に痛みを伴う子もいるそうですね。頑張って!!ふっくん!!
なんか書いてて辛くなってきた。
hanaさん元気だして!!ふっくんは頑張りやだよ!!
はじめまして。
hanaさん、はじめまして。
少し前から拝見させていただいておりました。

うちにももうすぐ1歳になるスコの男の子が居ます。
里親募集されてたコで、
やはりスコはかわいい!と憧れていたわたしが
先住猫のいいお友達になってくれれば、と里親になりました。
うちに来て少ししてから右前足を膝(?)にかけて座るようになり、
立っている時もO脚のような、ちょっと変わった立ち方をしているので
ノミとりの薬をやってもらう時に診てもらいました。
「ああ、奇形だからねー、そのせいだねー」
奇形!!
やはり少し曲がってました。

スコを迎えてからいろんなものを読んで、奇形が出やすい種だという事を知りました。
テーブルから降りる時、ちょっと躊躇する事が多く、
なんだビビリだなあ、なんて思ってましたが
降りたあと少しじっとしてる事がよくあるので
ああ、痛かったんだなあ、と。

スコはどんくさい子が多いという事なのでそんなに気にしてなかったんですが
(先住が元気過ぎるので)
ああ、ウチのコもそうなのね、と。

前のお家を離れる事になり、縁あってウチにやってきたコなので
できるだけの事はしてやろう、と同居人とも話し合い、
ウチに来てしあわせだったなあ、という猫生を送ってもらうためにも
何か起きた場合の心構えを新たにした、という感じでした。

幸いウチのは高い所もウキウキ登りますし、
やはり降りる時にちょっと躊躇してますが
病院でも気にする程じゃない、と言われています。
のんびりで優しい性格の子なので
きちんとみてやろう、と思っています。
病院でも自分からキャリーから出て、お医者さんの手を舐めたり
お客さんが来たら「いらっしゃいですー」と自分から寄ってくような子です。
この子が幸せで暮らしてくれたらなあ、と思います。
ふっくんも、そちらのお家で幸せに暮らしている事と思います。
これからもふっくんの成長を楽しみにしています。
あまりご自分を責めないでくださいね。
ふっくんもきっと、そういうのは感じ取れると思います。
(ウチのスコがそうです)

not subject
こんにちは
ふくちゃんが可愛くて、時々お邪魔していました。今回の記事を見て、始めましてのご挨拶をさてていただきます。
うちにも2歳と2ヶ月になるスコニャンの女の子がいます。生後4ヶ月位でうちに来たのですが、その頃から病院の先生には注意を受け、色々ネットで情報収集をしました。
シッポは3分の2くらいは固まって、棒のようになっています。(骨折に気を付けること、教えてくれてありがとうございます。)前後両足に、骨瘤が出ています。特に後が酷く、生後半年位でビッコを引くようになりました。
寒さが特に堪えるらしく、人間は我慢できる寒さでも、痛むようです。痛みが酷い時は、ビクンビクンと蹲って痛みを堪えていたり、ビッコの度合いが大きくなります。
薬はステロイドで痛みを抑えるしかない(効かない場合もある)と言われ、まだ飲ませたことはありません。
後足を触られることを嫌っていましたが、手で包んで暖めてやっているうちに気持ちよくなるのか、痛む時はやたら側に寄ってきます。肉球を身体に押し当ててきたりもします。
確かに縦より横の動きが多いですが、高い所は好きなようで、30㎝位のジャンプはして楽しんでいるようです。
ふくちゃんと同じで、寝転がることが多いです。足が心配で、余り遊ぶことも躊躇します。成長が止まっても痛みが出ているのが心配ですが、食欲だけは旺盛なので、今のところ、現状維持を感謝しています。
「自分が病気でも、心配して構ってくれることが嬉しい。痛くても側に居てくれるから大丈夫!」以前アニマルコミニュケーションしてもらった時にいただいたメッセージです。
これからも、この気持ちに応えられるよう、精一杯愛していく積りです。
hana様も、めげずに一緒に愛して行きましょうね!

ふっくんは治るよ!
ショックで、しばらく呆然としてしてしまいました。
まさか・・・ふっくんが・・・。
スコの先天的な病気のことは知ってましたが、実際に発病した子は
私の中ではふっくんが初めてです。
ショックです。とっても心が痛くて泣いてます。
神様の、また気まぐれな悪戯だ!
hanaさん、辛いよね。
とても辛いよね。
だけど、hanaさんのせいじゃないよ。
そんなに自分を責めないで。
ふっくん、痛いのかな(゚ーÅ)ホロリ
なんでこんなことに・・・。
酷すぎるよ。
ふっくんが、奇跡を起こしてくれますように。
症状が悪化せず、治ってくれますように。
きっと、きっと大丈夫。
ふっくんは頑張ってくれる。
気になってしまって
また来てしまいました。
ふっくんのコトが気になってしまって
頭から離れないの。

hanaさん。辛い時に傍に居てあげられることは、ふっくんにしてみれば救いですよ。
辛いでしょう。
辛くて胸が痛いでしょう。
でも、頑張って!頑張って!

ふっくんも・・・。
きっと大丈夫だから。
●サマンサさんへ
今仕事中で、あとから皆さんにゆっくりレスをつけようと思ってたんですが、サマンサさんがとっても心配してくださってるようなのでフライングしてお返事しますね。
涙が出るほど嬉しい、心のこもったコメント、ありがうございました。
桜子さんとともに涙を流しながら読んでいます。もちろんみなさんのコメント全てに涙し、感謝を覚え、ふっくんと頑張ろう!という気になっています!
まず一言。私も桜子さんもふっくんも大丈夫!がんばれます~!
もう、この子の性格として病気と付き合おう、という割り切りも出来ましたし、ふっくんは足が不自由そうなわりにはめちゃ元気で、やっぱりすっごくひょうきんです。
ご飯もいっぱいたべるし。時々足の着地に失敗して痛そうな声を出すこともあるけど、勝ち気なので大丈夫。走り回ってるんですよ!
しかも、ちゃんと上手に足を保護しながら遊ぶすべも覚えました!
とにかく元気なことは間違いないです。
ウンも出しましたしね!痔は。。しばらく治らないかな。
サマンサさん、ノンちゃんのことだけでも毎日気がかりなのに
ふっくんまで考えてたら、大変じゃないですか^^
大丈夫!ふっくんは元気ですよ~!また楽しいブログを入れていきますので!!
そのやさしい心配り、気持ちはしっかり受け止めていますし、何より、私たちの本当に心の支えになってもらってます。心から感謝していますよ☆
not subject
この記事がUPされた時から、コメントをしようしよう、と思いながら、なんて書いて良いのかずっと考えていて、コメントが遅くなってしまいました…。ごめんなさい…。
ここのところ、大好きなスコblogの子たちが次々にこのような事態になっていて、「ああ、やっぱりスコは奇形が多いんだな…」と悲しく思っていた矢先に、ふくちゃんのこの話題でした。

みなさん書かれていますが、hanaさん、あまりご自分を責めないでくださいね。
誰のせいでもないし、ふくちゃんは絶対、悪化しない。信じてます。

また、ふくちゃんの明るい顔が見れるのを楽しみに、ずっと待っています。
hanaさんへ

ふっくんはそうだったのですね・・
今日の記事を読みながら、ちょっとドードーにも
思い当たることがあって、自分の事のように心苦しいです。
でも、hanaさん、桜子さん共にふっくんと
病気に今、向き合っていこうと前向きなので安心しました。

自分の事で申し訳ありませんが
今、ドードーの皮膚病がなかなか治らないので
最近、手づくりの食事やフードを色々ためしてます。
もちろん、時間もお金もかかるのですが
猫や犬と暮らす事は、こういうことも含めてなんだと思うようになりました。
そして、もっと猫について勉強したいなと思ってます。

ふっくんの今後を影ながら応援してます。
でも、今、ふっくんが何より元気でよかったです!


not subject
hanaさん。
読み終わって・・今、呆然としています。
涙が流れて止まりません。
なんて言葉を掛けたらいいのか、思いつきません。。。

私も医師から、ミーちゃんが難病だと言われてしまった時は周囲の景色の色が無くなる程ショックでした。
その後、異常は無いと言われましたが、また吐くんじゃないか?と気が気ではありません。

ふっくんは約8ヶ月でしたよね?
まだ仔猫のうちに、カルシウムやコンドロイチンなどを与えると、発育時の痛みが緩和されるそうです。
hanaさんが書かれている様に、成長が止まると落ち着く例が大半だそうなので、暫く気が抜けないと思いますが、頑張って下さい!

でもあまり神経を使って、hanaさんが無理されないで下さい!
夜眠る時が心配でしょうが、睡眠しっかり取ってくださいね。
最後になりますが、私のブログへ暖かい励ましのコメント有難うございました。

後悔と決意について大好きな皆様へのレスです!
こんにちは。もう何度コメントを読んだことか。。。
桜子さんと、コメントを読んでは二人で感激して泣いて。ふっくんの足を引きずる姿にまた切ない涙。もう目がおかしいです。 笑
本当になんて、なんて優しい人たちなんだろう・・・。
ふっくんよりもっと重い病気を抱えた猫ちゃんのママも沢山いるのに。
いっぱいのお礼の気持ちとともに大切にレス入れますね。

●ウルフさんへ
いつも見てくださり、そしてすごくふっくんを愛してくれてるウルフさん。
もうこんなに励まされていいのかしら、と思うくらいはげまされています。
大丈夫です。私も桜子さんもふっくんも全然、元気です。
ふっきれてますし、どうやったら痛みと進行をおさえられるか前向きに
いろいろ探していますよ!ふっくんもめちゃ元気です!!
これからも元気で楽しいふっくんを掲載しますので応援してやてくださいね!

●カノンさんへ
ああ、カノンさん。涙がボロボロです。
なんて優しいコメントなんだろう。
また泣けてきそう・・・。
心から応援、ありがとうございます。
がんばれます!諦めないで、もう一度、自分の力で
タワーのてっぺんに乗れるようにしてあげようと
決心しました。2才くらいになると症状がなくなり、落ち着く
らしいので、いかにそこまで痛ませないでもっていくかだと
思ってます。これからたくさん勉強しようと思います!!!
それが私の出来ることですもんね。ふっくんと仲良くやって
いきたいので、暗くならずにがんばっていきます!

●masakaricatさんへ
マサカリさんは本当に来て欲しいな~って時に現れ、
ちゃんとこうやって表現してくれる。。。
もうめちゃくちゃ感謝です。というか励みで理解者です。
勝手にふっくんの一番の応援者だと思っております。
私は、絶対病気ブログなんかにしたくないので、
ふっくんの楽しい、明るい、かわいいところをたくさん
これからも載せていきたいと思っているんですよー!
かなりポジティブに考えています。
チョウジ君はたぶん、もう大丈夫だと思いますよ。
骨の場合は発育時に問題がでると痛がりますが、
今までにそういう傾向がなく、タワーに元気にのぼったり
出来ているのなら健康体だと思います!
ふっくんも全然足以外は元気なので、
これからも応援してやってください。
また、励みになります。本当にありがとうございます!

●りのづかさんへ
はじめまして。いつも見て頂いてたんですね。
すごくうれしいです。リンク、貼って頂いてたそうで。。
私の方も貼らせて頂きますね!

ふっくんは今日も元気に走っておりました。
起きてすぐとか、まどろんでいて立ち上がるとき、
段のあるものから降りる時はどれもちょっと痛そうですが
それ以外はへっちゃらですよ。
元気なモンです。勝ち気な子なので、痛みより
足がちょっと不自由なのに対し、イライラしているみたい。
でもひょこひょこ歩いていたづらしてますし、
大丈夫ですよ!楽しくてカワイイところを載せていきますので
これからもふっくんを応援してやってくださいね。
書き込み、ありがとうございました。

●みほさんへ
はじめまして。本当にやさしいコメントありがとうございます。
とっても励みになります。みほさんのところのスコちゃん、
とーってもカワイイ。こんなカワイイ子達にも病気が。。。。
なんだか本当に残酷です。
ほとんどのスコちゃんたちが重い、軽いにかかわらず、
どこか疾病をもっていると病院の先生がおっしゃっていました。
でも。病気だって気持ちの持ちようですよね!
シクシクしてたったらちがあかない。
みほさんの言うとおり、いかに幸せに暮らせるか!だと思います。
私もしっかりこれから骨のことを調べて、少しでも楽に
してあげれるよう、お勉強しようと思っています。
これからもお互い猫ちゃんとともに楽しい毎日を過ごしましょう!!

●kintaさんへ
kintaさん、やさしいコメントありがとうございます。
心にジーンと響きます。
こうやってふっくんを愛してくれる人が沢山いることに
本当に感謝しているんです。
愛してくれる人たちに送るこのブログは
絶対、明るく楽しくかわいくありたい、それが心情なので
これからもキュートなふっくんをいっぱい載せていきたいと
思っています。
ふっくん、今も元気だし、オチャメです。
足はちょっとひょこっとしてるけれど、勝ち気でやんちゃですよ。
kintaさんの応援を励みに、これからもブログがんばりますね!

●にゃんさんへ
にゃんさ~ん。。。ふっくん、疾患がでちゃった。。。
私はスコを迎える前に先天性の障害については
かなり勉強した方なんですよ。
それでもやっぱり、こうやって元気だった子が
急に足をひきずったりするのはものすごくショックが
大きかったです。
まだ、ころころちゃんは痛みがないので、そのへんは
本当に、本当によかったです。
痛がるのは見ていてかなり辛いので・・
成長期が終わるまで注意してあげてくださいね。
ふっくんの場合は異常に運動が鈍かったし、
タワーの一段目に登るがかなり大変でした。
これをもっと前から見逃さずにいたら、サプリ等で
今の痛みまではでなかったかもしれないと思うと
後悔があるんですね。だからせめてころころちゃんには
絶対、にゃんさんには絶対、同じ気持ちを味わせたくないので・・・
私も今は決心がついて、ふっくんの性格の一部だと考えるように
なりました。いかに偏屈を治すか!みたいな。笑
少しでも楽にしてあげられるように勉強にがんばりますよ!

●hanaさんへ
ああ! hanaさん。。hanaさん。。。
そうでしたね。じゅるちゃんは発症したら大変な事になっちゃうのでしたね。
それ、考えただけで涙です。辛い・・・

ふっくんは、全然元気で勝ち気な子なので、
足がちょっと不自由になったことに怒り浸透なんです。
痛みもあるけど、それより自由に遊べないことが辛いようで。
そんな元気ふっくんを見てると、大丈夫だな、って思えます。
ふっくんよりずっと重い子もいるので、確かに早くわかって
よかった、と考えなきゃと思っています。
今日もふっくんは元気で、これから同居人の桜子さんと
どういうことをしていったら痛みを和らげてあげられるか
作戦会議です。出来ることをしてあげる、これしかないですもん。

がんばりますよー。そして、元気で楽しいブログを
続けていきます!応援、励ましをありがとうございました!!

●チビさんへ
はじめまして。心にしみるコメント、そして励ましを
ありがとうございます。本当にじーんとしています。
今はどうやったらふっくんが痛がらないか、を
検証しています。持ち方とか、ジャンプの高さとか。
出来ることからすこしづつやっています。
ふっくん自体はとっても元気で、大はしゃぎ。
足、大丈夫か?とハラハラしますが、
勝ち気な子なので、全然平気そうにしてます。
私も桜子さんも出来るだけ愛情をそそいで、少しでも
楽になるようにこれから頑張ってあげたいと思っています。
これからもかわいい、楽しいふっくんを応援してあげてくださいませ。
よろしくお願いします!

●いずみさんへ
ううう。泣けてきます。本当にこうやって励まされると
本当にうれしくなります。がんばろうと言う気になります。
モモちゃん、大変ですね。お互い出来ることからですね。
私も骨についてや、痛みのとれる治療法や薬を
必死に勉強し始めています。
ふっくん自体は脳天気に勝ち気に楽しく遊んでいるので
そんな彼に答えるべく、私が出来ることを考えています。

スコという種類を選んだ時点で
こうなるかもしれないということを覚悟していたはずなので、
ぐすぐす言っている場合じゃあないんですよね!
ホントですよ。立ち向かう!ですよね!
ふっくんを絶対幸せにしてやる!!今はそんな意気込みです!

●yokoさんへ
ううう。yoko さん、優しいコメントありがとうございます。
本当に心からお礼を言いたいです。
レオン君が病気なのを知っていて、うちも何かあるのかな?
うちはまだ元気だし・・と思っていた頃がありました。
つまり「うちに限って」があったんだと思います。
なんて思い上がった私!!
今だからこそ、レオン君、yokoさんの大変さが身にしみています。
そして、yokoさんがくれたチーズのアドバイスなんかも、
ジーンと染み渡るのです。
体に悪いモノ・・それは健康な猫ちゃんを持ったときと
病気の猫ちゃんを持ったときとではこんなに重要度が違うとは!!
これからは、いっぱいお勉強して、ふっくんの痛みを少しでも
やわらげてあげられるように努力していきたいと思っています。
本当にありがとう!yoko さん!!

● Traveling Canoeさんへ
すごく励みになるコメントをありがとうございます。
おっしゃるとおりだと思います。ホントに・・・
私も、ここに来て見てくれたり、コメントしてくれたりする
その人達のものすっごく大きな愛を感じるんです。
何度もコメントを読んで何度も涙が出てきます。
こんなにふっくん、愛されてるんだ。。。って。
もう、ありがたくて、幸せで、みんなにチューして
回りたいです。
ふっくん、絶対元気になりますよ。
というか痛みは絶対止めてみせる。たぶん、、、
足はいまより変形していくでしょう。でも、痛みは
やわらげる手だてはあるはずなんです。
大丈夫です。こんなにも皆様に愛されてるふっくんを
不幸にするわけにはいきません!
かならず、幸せに、うちでよかった~。といいながら
お星様になってもらいますよ!

Traveling Canoeさんの力強い励まし、
心から感謝します。
私も桜子さんもふっくんも!がんばりますよー!!

●シェイクスのマミィさんへ
マミィさん。ごめんなさいね。楽しいふっくんを見せたかったのに
なんだかしんみりモードな内容。しかも心配までさせてしまい。。
アメリカから見てくださってるんだもん。
楽しい内容がいいですよね!
昨日はショックだったけど、今はとっても前向きなんですよ。
ぜったい暗いブログにはしたくない。
だってふっくんはかわいくて、おもしろおかしいのがウリなんだもん。
おかげさまで、ふっくんは足をびっこひきながらもピンピンしています。
勝ち気な子なので、あんまり上手に動かない足に
イライラしながら遊んでおります。痛みも飛んでいくようです。
これからも楽しいブログを入れていくので
ふっくんを応援してあげてくださいね!私もがんばりますよー。

●ゆきさんへ
ううう。優しいコメントに涙しました。
ありがとうございます。励みになります。

そうなんです。ゆきさん。ふっくん、痛みを我慢してたんです。
勝ち気な子なので、全然わからなくて・・・
もう本当にかわいそうでかわいそうで・・・
今日は昨日よりもひどくて左足がびっこしてます。
でも元気に遊んだり、走ったりしています。
やめておけばいいのに・・・

今は私もさくも落ち着いていて、どうやったら痛みを
止められるのか、どんな治療があるのか、
お勉強しなくちゃ!というところに来ています。
ふっくんは元気いっぱいだし、ブログも暗くしたくないから
「これからも楽しく笑えるふっくん」を続けていくつもりです!
ぜったい病気がちブログにはしたくないし!
これからもふっくんを応援してあげてくださいね。
よろしくお願いします!

●ぴかさんへ
力強い励まし、本当に心たれました。
そうですよね。病気はふくのもの。ふくのものは私のモノ。
いっしょに乗り越えていかなくっちゃ。
ドラちゃんもシッポが堅いんですね。
やっぱり、多いんですね。
ブリーダーさんもスコらしいフォルムの子は疾患が多いと言ってましたが
ドラちゃんもかなりスコらしい子だから・・
私も今はかなり前向きで、とにかく痛みを抑えることに神経を
集中しようと思って。足が変形したりするのは止められないかもだけど
痛みはなんとかしてあげられるかもしれないから。。。
サンドレスがダメなら病気克服への道ですよ!
いろいろ、先輩のぴかさんいは教えてもらうことが
出てくるかもしれませんが、
その時は何卒、よろしくお願いします!

●ちかさんへ
励ましのコメント、本当にありがとうございます。
ありがたいことにふっくんはとっても元気ですよ。
少し後ろ足をびっこしてますけど、モリモリ元気です。

そう。。スコちゃんの成長期には恐ろしい確率で
問題が発生するそうです。
成長期のスコちゃんを持った飼い主さんが私と同じ
ショックにさいなまれている人が多いかもしれませんね。

ちかさんも普段の生活の中で十分、ププちゃんを
注意して見てあげてください。
ごめんね、脅かすわけではないですが、というかププちゃんの
動きをみても絶対大丈夫そうだけど、やっぱりスコですしね。
早く解れば対処も違ってきますしね。

今はすごく前向きになれましたよ。皆様のおかげで
もう全然けろっとポジティブに考えられるようになりました。
これからも頑張ってブログ続けますよ!!ふっくんを
応援してあげてくださいね!

●kiyonoさんへ
はじめまして。読んで頂いてありがとうございます。
まさに、 kiyonoさんのスコちゃんとふっくん、同じ感じですね。
最初に座り方がおかしかったのと、寝てばかりになりました。
片足を投げ出す感じなんですよね。。。
うちは骨の変形はまだ目に見えてでてないので
これから出てくるかもしれませんね。

スコちゃんにはこういった疾患がでるかもしれないって
ある程度覚悟してたんですけど、やっぱりショックでした。
でも、こうやって皆様の励ましとか、お話で
ずいぶん前向きに考えられるようになりましたよ!
本当に、ふっくんを幸せにしてあげたい。
笑ってお星様になってもらいたいから、がんばって
楽しく過ごさせてあげたいと思っています。
力強いコメント、本当にありがとうございました。
これを励みに毎日の生活をがんばります!

●keiさんへ
はじめまして。書き込み、ありがとうございます。
涙が出てしまいます。辛いですね。
ふっくんととっても症状が似ていますね。
うちはまだ骨瘤はでていませんが、今は左足がびっこをひいてます。
そのうちふっくんにも骨瘤が出てくるのかな?

痛みだけはかわいそうで。ステロイドが効くんですか・・・
keiさんのところのスコちゃんも食欲があるのはイイですね。
うちもそれだけは旺盛なので、心配はしてません。
これからも先輩として力を貸してくださいね。
私もがんばって少しでも改善するように、めげずに行きたいと
思います。一緒にがんばりましょうね!!

●サマンサさんへ
手前に書きましたので、短く。笑
大丈夫ですよー。元気元気。
皆さんの励ましでどんどん元気になってます。
今日のブログはお休みだけど、次から楽しい
記事をいれますからね!待っててください~。

●hachilogさんへ
ごめんなさい。気を遣わせてしまいましたね。
今はとっても落ち着いていますよ。

ゴエちゃんも大変だし、スコの子たちはやっぱり
いろいろありますね。ほとんどの子に大なり小なり
トラブルがでてくると先生も言ってましたし。
だから、ある程度受け止めてしまうしかないですよね。
病気と付き合うというか。
ありがたいことに、ふっくんは非常に元気で、後ろ足を
びっこしながらも、遊んでおります。
だから、気長に痛みだけは止めてあげる工夫をしながら
楽しく暮らしていくしかないようです。
大丈夫ですよ。
ふくは強いので次のブログからまた
楽しい、明るい記事が入れられると思います!
いろいろ心配をおかけして、ごめんなさいね。
そして、気を遣って頂いて本当にありがとうございます。
私なんて、なかなか遊びにいけず、心苦しい・・・
これからもふっくん共々仲良くしてやってくださいね。

●咲子とドードーさんへ
ふっくんへの応援、本当にありがとうございます。
ドードーちゃん、皮膚病だったんですね・・・
全然気づかなかったです。。。。
やっぱりスコちゃんはいろいろありますね。
でも、手作りのお食事とか、そういったことを実践して
おられるのがすごいことです。
でも病気になって思うことは、やはりどんなことでも
治るならしてあげたいという気持ちです。
私も今なにをすれば痛みを止めてあげられるか
調べています。とにかく骨の形は変形しても痛みからは
解放してあげたいので・・・

もっと猫について勉強したい。本当に私もそう思います。
ふくも桜子さんも私もじめじめしてるのは嫌いなので
アグレッシブに、楽しい毎日を過ごしたい。
少しでもふっくんを幸せにしてあげたいです。
お互いスコをもつ家族として、これからもいそしみましょうね!!
頑張ってね!!!!!!
また来てしまいました。
もしかしたら、ふっくんが元気になってるかも知れないと願いながら。

ワタシはふっくんが大好きです。
メリ-ゴ-ランドに乗って楽しそうなふっくんや、ログハウスの上の柱に登ったふっくんや、車の中で景色を楽しむふっくんの、あどけない、可愛い可愛い仕草や表情が大好き。

あぁ~、ふっくんはチッチャナ時に辛い思いしたけど、今は元気で幸せなんだ!と思っていたら・・・。

とてもショックで、身体中に針が何本も刺さったような衝撃を受けたのです。

hanaさん達の前向きさで、ふっくんはきっと、このまま良い方向に向かうことを、心の底から祈ってます。
ワタシには、それしか出来ない。
ごめんね。
ごめんね。Hanaさん。ふっくん。
●サマンサさんへ
もう・・・泣かされますよ~。サマンサさんには。
なんでそんなに優しいんでしょう。
また涙しちゃったじゃないですか!

大丈夫ですよ。今日はブログレスつけるだけで精一杯だったけど
明日からちゃんと再開します!
今日は元気なふっくん。また記事いれられるかな?
ずっと遊びに行ってなかったですが、皆様のところへ
も伺うつもりですよ!ふっくん、今はっしりまわってる 笑
あんなに走ってだいじょうぶかいな?
サマンサさん!大丈夫みたいですよ~。
初めまして
スコティシュには多いみたいですね…。
もともとは、突然変異で生まれたネコというのもあるかもしれませんね。

スコティシュ同士の交配だと、よりふっくんと同じ病気に、なりやすいそうです。

最後に、ふっくんの症状が、重くならないようお祈りしています。
not subject
はじめまして。
最初からじっくり読ませていただきました。
ふっくんは骨瘤になってしまったのですね・・・。
なんだか、骨瘤のスコちゃんが多いなってブログをしはじめてから、改めて感じました。
ふっくんは、折れ耳同士の掛け合わせだったのでしょうか??
我が家の、ほくちゃんは スコの立ち耳ですが ブリーダーの管理不足の為に、尻尾の付け根が陥没骨折したまま融合したため 尻尾がおかしいのです・・・。
足も少し歩くのがおかしくて・・・。
骨瘤ではないのですが、ブリーダーはこの子は 大丈夫ですよと言って飼い始めたのに ショックでした。
ブリーダーを良いブリーダーと見抜けなかった私の責任もあるとおもうのですが・・・。
違う 病気というか ほくちゃんは怪我なのですが 本当につらいですよね・・。 お互いがんばりましょうね!!
初めてのコメントなのに 長く書いてしまってごめんなさいね。
また、顔だしますね!!


●シトラスさんへ
●シトラスさんへ
とっても優しいコメント、ありがとうございます。
ごめんなさい。たぶん、私がコメントを書いている時に
入れてもらったみたいで、漏れていたことに今気づきました。
改めて、お返事です。
ホントにすごく力強い励ましをいただいた気分です。
ミーちゃんもすごく大変な時期なのに、気を遣って
いただいて、なんと言ってよいやら・・・
やっぱりスコって改めて難しい種類だと思いました。
ほとんどのスコちゃんが何かしら大なり小なり、
トラブルがあるとお医者様が言ってましたし・・。
でもやっぱりカワイイし、愛おしい。・・・・
みーちゃんもふっくんも、私たちの出来る限り、幸せに
してあげましょう!がんばりましょうね、シトラスさん!!
●Нзкатзさんへ
はじめまして!Нзкатзさん。
励ましのコメント、ありがとうございます。
とてもうれしいです。
そうですね、ふっくんのパパはロングのスコ折れ耳
ママはショートの立ち耳という純血です。
血統書を見てもかなり純な感じなので、発病しても
おかしくないかもしれませんね。私も飼うとき、覚悟は
していたんですね。かなりスコの病気のことは
事前に調べていたので。。。でも、やっぱりこうやって
実際になってしまうと本当にショックでした。
でもこうやって、皆様が暖かくふっくんを見てくださって
すごく勇気がでましたし、頑張ろうという気になりましたよ!
コメント、入れてくださって本当にありがとうございました!
●カリコロママさんへ
●カリコロママさんへ
はじめまして。
励ましのコメントありがとうございます!すごくうれしいです。
ふっくんは、まだ見た目に骨瘤はわかりませんが、いずれ
そうなるかもしれません。現状は左足がつっぱって力が
はいらないような症状で、中で何か神経を圧迫
しているみたいなんです。
今は左足をかばいながら移動したり、遊んだりしていますよ。
カリコロママさんちのぼくちゃんも、辛いですね・・
うちは、子供の頃の健康診断では
骨や体はまったく問題がなかったのです。
ブリーダーさんに連絡してみたところ、
兄弟もみんな問題が出てないそうです。
うちだけ・・・でした。
でも一応現状をお話して、ブリーダーさんも謝っておられました。
ふっくんのパパはロングの折れ耳、ママはショートの立ち耳ちゃんです。
だから、一応普通のブリーディングのようですが、
かなり純血に近いのかもしれませんね。。。
お互い、がんばりましょうね!絶対幸せにしてやるー!と
今ガッツで燃えてます!これからも是非、遊びに来てくださいネ。
楽しいふっくんを掲載していきます!!
みなさまありがとうございます☆
私からも一言。
あたたかいコメントをたくさんいただきまして、本当にありがとうございます!

みなさんのコメントを読んでは涙がどうにもとまらなくなり、次の日は失恋した次の日かよっ!っていうほどに目が腫れ上がってしまいましたヨ(笑。

ようやく気持ち的に前向きな方向へと落ち着かせることができましたので、コメントをつけさせていただきます。

病気のことが分かった日のこと。
これからのことを考えて、辛そうにしているふくにカメラを向ける気はどうしたって起こらないと思った私は、「潔くblogを止めてしまおうか?」という提案をハナさんにしようかと言葉が喉元まで出かかりました。

今までお茶目なふくの写真を見た方から「嫌なことがあったけれど、癒されました!」などと言ってもらうことが私にとってなにより嬉しいことでしたし、そんなふくが病気になってみなさんに励まされる側になってしまうのは、心苦しい・・・とでもいいましょうか、このblogの意味を成さなくなってしまうかとも思ったのです。

けれど、今のふくを見ていて、それは私の早とちりもいいところだと思い直したのでした。

病気といえども今のところ一日の大半は元気に遊んでますし、私たちが今までよりも優しく接しているせいか?ワガママ度(気の強さ)はむしろ上がりまくりのわんぱくボーイ(笑)です。

今後これ以上病気が進行しないように。
できるだけ痛みを回避させてあげられるように。
これからはそれに十分気をつけながら、これまでと変わらず楽しくふくと生活していけたらと思っております。

少なくとも、私がカメラを向けられているということはふくが元気な証拠です!
ということで、今後ともどうぞよろしくお願いします。
うちのスコも同じ病気で四肢に異常があります(T_T)生後一年と⑦ヵ月になりますが、今はだいぶ落ち着きました。大丈夫ですよ(^O^)お互い見守ってあげましょうhttp://blog36.fc2.com/image/icon/i/F994.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">http://blog36.fc2.com/image/icon/i/F994.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">

http://blog.livedoor.jp/ranmaru0216/
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。