ふく と ごま

ある日我が家にドラえもんのような猫がやってきた。さらにヨーダのような猫が来て、そっくりな赤ちゃんを授かった。3匹は毎日のように私たちを癒してくれるのです。

★桜子日記はこちら↓★
桜子日記



★etsy FGM store→
★FGM store(日本版)→
★FACEBOOK ふくごまめめ→
★team F.G.M動画へ→


コメントは全部楽しく読ませていただいております~!が、現在ご質問などにお応えする以外は返事をお返ししていないのです。ごめんなさい。たまーにまとめて返したりするかもしれませんが。 それでもよろしければお気軽にご感想などいただければ嬉しいです。
励みになります♪
プロフィール

飼い主の hana

Author:飼い主の hana
Photograph:同居人@桜子


【兄:スコのふく ♂ 】
モーレツに天然で、女の子が大好き。
掃除機、コーヒーミルの音、どんな物にも動じない大物。猫ではなく、ふく科の動物という説も。

●ふっくんダイジェストへ→
●ふくごま動画配信中→


【妹:エキゾのごま♀ 】
ツンデレな頭脳派さん。少し人見知りがあるけれど、性格はピカイチで、とてもやさしい子です。
この度ママになり、めめという名のソックリな女の子をさずかりました。


【子:ごまの子 めめ♀ 】
ごまと素敵なエキゾのパパとの間に生まれ、すくすく成長中。天真爛漫、甘えん坊。とっても女の子らしくきれい好き。鳴き方がごまアザラシのごまちゃんそっくりです。

最近の記事
カレンダー
11月 | 2005年12月 | 01月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Twitter
 
ご質問&お問い合わせ

名前:
メール:
本文:

INFORMATION

ふくごまめめ
『ふくごまめめ』竹書房
[2008年11月28日発売]

●楽天で購入→ ●アマゾンで購入→
●7&Yで購入→

発売中
『We Love Meme』 廣済堂出版
[2008年3月11日発売]

●楽天で購入→ ●アマゾンで購入→
●7&Yで購入→


予約出来ます!
『めめぼん』 竹書房
[2007年11月30日発売]

●楽天で購入→ ●アマゾンで購入→
●7&Yで購入→


Google TRANSLATE
LINK
ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photo

Mon.12.12.2005
0 comments
いつも写真は同居人がとってくれています。ステキ。

お魚さん
おさかなさんとふーちゃん

ひだまり
なあに?
スポンサーサイト

首事件

Mon.12.12.2005
5 comments
私の部屋兼寝室はシンプルでベットと、テレビ、テレビ台と机くらいしかない。しかも私は物が外にたくさん出るのが好きではないので、簡素で何もなく、おまけに日当たりも悪いという猫にとってはうれしくない部屋である。
ふーちゃんは夜寝るときは私と一緒に寝室で過ごすのだが、部屋に来るとつまらなそうに散歩をしてあるく。私の部屋のよさといったら暖房がよく効くので暖かいのくらいしかない。

ところが、このつまらない部屋で事件は起こった。
明け方、いつもなら肩のところか、首横で丸くなってねているふーちゃんがいない・・・
トイレかな?と起きたての目をこすると、なにやらテレビ裏でゴソゴソと音がする。あ~。コードのところでたわむれてんだ。
ちょうど部屋の角に置かれているテレビ台と壁の間には三角のスペースが出来て唯一彼の遊び場になっていた。ところが。
ちっとも出てこないのだ。さすがにおかしいな、と思ってのぞいてみると、なにやら変な感じ。
体がみえるが頭がない!パニックになった。あれあれ???
よく観察すると、 テレビ台のコード穴に頭をつっこんでいた。私がふーちゃん?と声をかけると本人は「み?」と不思議そうな声。私が出ておいで、と言ってから事の重大さにお互いが気づいた。穴のサイズと顔のサイズ、首輪がうまい具合にピッタリサイズで引っ張ろうが何しようが出れなくなってしまったのだ!そのうち悲痛な泣き叫び声をあげだした。と、とにかく、抜かねば!
まず、首輪を切った。それから体を引っ張ってみたが、全く駄目。痛い!と悲鳴をあげる。で、同居人をヘルプに呼んで、顔を押してみたり、いろいろ試みるがダメ。そう・・・こんな時はあれしかない!石けん!自然派シャンプーで猫の首のところをぐりぐりに塗りたくって痛かろうが何しようがやるしかない。無理矢理引っ張って、ようやく、とれた。

ふーちゃんは思ったより育っていた。穴があったら入りたくなる猫の習性を忘れて穴をほったらかしにしていた私のミス。すぐにこの穴は塞いで入れなくした。

あれからもふーちゃんはやっぱりテレビ裏が大好きだけど、穴には近づいていないようだ。
不謹慎かもしれないけど、穴に入ったふーちゃん、かわいかった。

穴にはいったふーちゃん
穴に入ったふーちゃん・・・


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。